12月にしては暖かく20℃にもなった7日に、今年最後の(たぶん)内検を行い、蜜枠を足したり蜂蜜が中途半端な枠を出したりしました。そして次の日から気温が急降下。
巣門を小さくしました。
今日見に行ったら、巣箱はひっそり。
時々みつばちが顔を覗かせています。
みつばちの安否を確認するとホッとします。

DSC_2306


熱海に雪が降る日はそんなにないけれど、だから特に防寒対策はしていません。
養蜂の先輩達は蜂を強群にして混ませるのが大切だって言います。
でも心配になって、断熱材を雨避け代わりに一部の巣箱の上にのせちゃったりしました。
無事に寒い冬を乗りきってほしい!