伊豆山みつばち農園のブログ

Atamihoney


伊豆山みつばち農園のブログ

蜜源植物

image


東京は桜が満開だというのに、今日やっとここ伊豆山の一角にあるソメイヨシノの花が咲きました!
こんなに開花が待ち遠しいかったのって初めてかも。
明日は曇りの予報だけど暖かそうだからもっと咲いてくれるかな。
そして小さな地味な花のヒサカキの花が満開です。
独特のガス臭い匂いの花だけれど、みつばちが数匹が来てました!

image



昨日内見したらオスの有蓋蜂児が沢山できてました。つい数ヶ月前は追い出されていたというのに又繁殖の季節が始まったんですね。
王台キャップもあったけれど、中に卵とかはありませんでした。
去年は王台見落としが多かったから、今年はもっと全体を見られるようになって、見落としを少なくしたいです。 

🌸今日の訪花植物(みつばちの訪花が見られた植物)
ブロッコリー
ダイコン
ヒサカキ
菜の花 
桜(ソメイヨシノではない) 

数日振りの青空。
ブロッコリーや菜の花に集まった沢山のみつばちの羽音がわんわん聞こえます。

image


みつばちも久しぶりに興奮して
「収穫だ~収穫だ~」
「妹たちのために花粉をいっぱい集めなくっちゃ」
って言ってるよう。
みつばちの収穫の喜びの興奮が私にも伝わったのか、何だか嬉しくなりますねぇ。

image


菜の花系の花だけでなく、空豆の花にもみつばちが来ていました。
花弁の中に頭をぎゅうぎゅう押し込んで、一心不乱に花粉を集めています。
足にはグレー色の花粉がついてます。
空豆の花粉ってグレーなんですね、知らなかった。
この一生懸命な後姿がかわいいんですよね。

それから自宅に戻り、巣枠作りの続きです。
いつも留守番をしていてくれる猫のしんちゃんが、製作途中の巣枠の真ん中に
でーんと座って外を眺め始めっちゃった。
どうして猫って仕事の邪魔をするのがこんなに上手なの?

image


今日は花粉舞い散るよい日和?だったので、花粉症ではないですが洗濯物を外に出すのをちょっとためらってしまいました。
最近周りの人がゴホゴホしたり、目を赤くしたりととっても辛そうにしています。
そんな中、生きていく上で必要不可欠な花粉を集めに、今日もブロッコリーの花に たくさんのみつばちさん。

image


天気がよければ毎日繰り広げられる、なんて事のない普通の光景。
当たり前の日常がぶっつり失われた日のことを思うと、この目の前にある当たり前の光景がとてもありがたく思えます。 

今日は朝からとても暖かく、手を伸ばせば届く所に春がきているような1日でした。
スギ花粉は届いていたでしょうね。

2月16日にダニ駆除剤のアピバールを入れていて、今日は今年2回目の内検を実施しました。
ダニ、巣箱の底に死んで落ちてました。もし今ダニ駆除剤を使っていなかったら、これからどんどん増えるであろうみつばちに寄生して、ダニもすごい勢いで増えていったのでしょうか。とりあえず駆除剤投与して良かった。

外と中の気温差があるせいか結露がすごいのですが大丈夫でしょうか。
分割板の外に入れていた一部巣脾にカビているのがあって、外したいけど蜜が貯まっていて勿体無いし、でも病気になったらいけないので結局外したのですが、これでいいのかな?
カビた巣脾の掃除はどうやったらいいのだろう。

それと雄蜂房が数個見られました。春なんですね〜。去年の秋には追い出されてしまった雄蜂ですが、又誕生して新たな命をつなぐんですね。

もともと優柔不断な性格なので、毎日毎日悩んで決められないことも多く失敗も多々あるのですが、
それでもみつばちが花にきている所を見ていると、それだけでほっこりするんですよね。

image

 ↑今日のみつばちさん

朝は青空で少し風が強かったものの、天気予報を見ていなければこの後台風並みの風が吹き荒れるなんて、予想できるでしょうか。
お天気次第の養蜂では前日からの、いえ他の予定を立てる必要があるならもっと前からの天気予報チェックが欠かせない日課になってます。

風に飛ばされないよう養生しに畑に行くと、みつばちはいつから動いているのだろうか活動の真っ最中。
来るの遅いね、って言われてる感じです。

今日は何種類かの花に来ているのを見ることができて、
大荒れの天気だけれど春が近くに来ているんだなぁ、っていうのを
感じました。

image

ブロッコリーや

image

オオイヌノフグリにも!

他には梅、つばき、菜の花などにも来てました。

花茎が風で揺れていても、しっかりと花につかまっています。

それに見ているとオオイヌノフグリを訪れているみつばちは、
ずっとオオイヌノフグリの花だけの蜜を集めています。
たとえすぐそばのブロッコリーにお仲間がたくさんいたとしても、訪れることはしません。
その習性は花にとってとても重要で、同じ種類の花だけをを訪れてくれれば
それだけ受粉の効率があがるというもの。
みつばちもこの花には蜜がたくさんあるぞ、っというのを学習してその花を忠実に訪れることで
蜜の収穫量が大きくなるそうです。
そしてその花を忘れることなく次の日もちゃんと訪れるのだそう。
もう最近は前日に何を食べたのか、私なんかはすぐ忘れてしまうのだけれど、みつばちは賢いな~
はちみつ食べてるから賢いのかな!

↑このページのトップヘ