伊豆山みつばち農園のブログ

Atamihoney


伊豆山みつばち農園のブログ

セイヨウミツバチ

DSC_0457


1月7日、玉川学園ミツバチ科学研究センターで行われた講演会に参加してきました。
熱海駅よりも駐車場料金が安い真鶴駅に車を止めて東海道線に乗り、小田原駅で小田急線に乗り換え、玉川学園駅で降りて着いた大学構内には、噴水があったり針葉樹に飾り付けがされていたりとおしゃれな感じ。
当然だけれど車の往来がないし、日曜日だからか学生もおらず、静かで素敵な所でした。
そして建物の中にあるトイレもホテルのようでびっくりです。

今回の 講演演者は四人でみんな面白く、ミツバチを含むハナバチの生態の、新しい知見を得ることが出来ました。

ミツバチは羽化して最初は巣箱の中で働き、その後外に出て蜜や花粉を集める仕事に付くのですが、その蜜の場所に行くために使われるのが有名な8の字ダンス。
オーストリアのカール・フォン・フリッシュさんは、ミツバチがダンスを通してコミュニケーションできるダンス言語を持っている事を発見してノーベル賞をもらったそうですが、今回の発表では、そのダンスが最初から上手に出来るわけでなく、お姉さんバチのダンスに追従したり、自分でもダンスするんだけど誰にも見向きしてもらえなかったり、という経験を通して一人前になるそうです。 

そして同じ蜜を集めに行くのでも、ダンスで教わった蜜源に行くハチと、自分んで新しい蜜源を開拓するハチと2種類いるそうで、それはその方が都合が良いですよね。

痒いところに手が届くようなその行動、やっぱりミツバチってすごい! 

image



分封は困るけれど、でもちょっと見てみたい。
蜂球凄そう。なんて思っていたのがいけなかったのでしょうか。
本日分封されてしまいました。
この時期の分封は御法度。
巣から離れる時に  蜂蜜を体に蓄えて持って行ってしまうのです。
彼女たちはその蜂蜜を元手に、急ピッチで巣を作らなければならないのです。

でも、神様は私を見捨てはしなかったのです。
なぜなら分封群を回収できたから!
それに昨日は農園に一度も来なかったので、昨日だったらアウトです。 

はぁ〜
朝からドキドキな1日でした。
 

image


東京は桜が満開だというのに、今日やっとここ伊豆山の一角にあるソメイヨシノの花が咲きました!
こんなに開花が待ち遠しいかったのって初めてかも。
明日は曇りの予報だけど暖かそうだからもっと咲いてくれるかな。
そして小さな地味な花のヒサカキの花が満開です。
独特のガス臭い匂いの花だけれど、みつばちが数匹が来てました!

image



昨日内見したらオスの有蓋蜂児が沢山できてました。つい数ヶ月前は追い出されていたというのに又繁殖の季節が始まったんですね。
王台キャップもあったけれど、中に卵とかはありませんでした。
去年は王台見落としが多かったから、今年はもっと全体を見られるようになって、見落としを少なくしたいです。 

🌸今日の訪花植物(みつばちの訪花が見られた植物)
ブロッコリー
ダイコン
ヒサカキ
菜の花 
桜(ソメイヨシノではない) 

image


春分の日の今日も春らしいぽかぽか陽気。
やっとマフラーや手袋なしで生活できるのかな。
三連休は最高のお出かけ日和でしたが、私はいつも通りの生活でした。
そう、いつも通りみつばちの内検をしに畑へ行ってきました。
1つの群れ以外は元気そうで、無事越冬できたのかな。
もう雄峰房ができてました。

image


そして帰りにはいつもお世話になっている方から、こんな大きな絵本に出てきそうな聖護院大根をいただきました。大きい!これどうやって食べるの?包丁通るのかな?
いつもいつも野菜のお裾分けをありがとうございます!

image


夕方からは前から楽しみにしていたカルテット・プラチナムの演奏を聴きに、起雲閣に行ってきました。
カルテットというのは四重奏のことらしく、野口千代光さん、大野かおるさん、菊池知也さん、熱海在住の沼田園子さんによる弦楽四重奏の定期演奏会が行われたんです。
四人の息がぴったりで、パンフレットにもありましたが、4つの楽器の音の結晶で会場内がきらきらしてました。
起雲閣での演奏会の良い所は、大きな会場と違ってすぐ目の前で演奏されているので、じっくり観察できちゃうところ。
超絶技巧な指の運びとかを見ることができちゃうんです。
演奏中の沼田園子さんの、集中されてるまっすぐな瞳がとっても印象的でした。
耳や脳をマッサージしてもらったような心地よい時間を過ごせました。
又聴きたいな。




数日振りの青空。
ブロッコリーや菜の花に集まった沢山のみつばちの羽音がわんわん聞こえます。

image


みつばちも久しぶりに興奮して
「収穫だ~収穫だ~」
「妹たちのために花粉をいっぱい集めなくっちゃ」
って言ってるよう。
みつばちの収穫の喜びの興奮が私にも伝わったのか、何だか嬉しくなりますねぇ。

image


菜の花系の花だけでなく、空豆の花にもみつばちが来ていました。
花弁の中に頭をぎゅうぎゅう押し込んで、一心不乱に花粉を集めています。
足にはグレー色の花粉がついてます。
空豆の花粉ってグレーなんですね、知らなかった。
この一生懸命な後姿がかわいいんですよね。

それから自宅に戻り、巣枠作りの続きです。
いつも留守番をしていてくれる猫のしんちゃんが、製作途中の巣枠の真ん中に
でーんと座って外を眺め始めっちゃった。
どうして猫って仕事の邪魔をするのがこんなに上手なの?

image


↑このページのトップヘ