DSC_2057

早朝から夕方までキイロスズメバチがみつばちを捕まえにやって来ています。
みつばちを一匹一匹捕まえては持ち帰るキイロスズメバチ。
対してこちらは虫取網で捕まえます。
オオスズバチは水中で悠然と泳ぐサメのように、ブオーンと羽音を響かせながら、ゆっくりと飛んでいますが、体の小さいキイロスズメバチはチョコッチョコ動き回るから、取り逃がす事も多々あります。
地面に転がってたキイロスズメバチを、知らずに触ってしまったみたいで、ちくっと激痛。
刺されたー!
キイロスズメバチに刺されたのは初めてなのでちょっと心臓がドキドキ。
刺された所をなるべく毒を出すようにしぼり、毒は水溶性なので水道水で洗い流すようにしました。
ズキズキ感はみつばち以上。
体が大きい分、針も太いし毒の量も多いのでしょうが、それほど患部は膨れませんでした。

しかしまだこんなのは序の口、まだ昆虫界最強のオオスズメバチが現れていないですからね。
気を引き閉めてパトロールしないとです。
冬まで精神力続くかな、はぁ~。